ローカリゼーションとは?

技術翻訳は会社選びがとても重要なんです:英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ

「ローカリゼーション翻訳」というものをご存知でしょうか?
ローカライズされた翻訳のことを言うのが、この言葉なのですが、そもそも「ローカライズ」とはどういったことを指すのでしょうか。
「ローカル」というのは地域ということで、「ローカライズ」というのはその派生系で、ローカル化=現地化するというものです。
つまり、「ローカリゼーション翻訳」というのは、さまざまな翻訳の中でも、「特定の地域に合わせた翻訳」といったような意味になるのです。

このローカリゼーションが必要になってくるのは、どんな場面なのでしょうか。
そのことを考えるには、翻訳というのはそもそもどういったものなのか、ということから考える必要があります。

たとえばさまざまな分野において、或る言語を他言語に直すという作業が発生するのは、その他言語間で何らかのコミュニケーションがとられるときです。
そのコミュニケーションも、民間のものから、ビジネスや科学技術、医療などに関するシリアスな側面を持つものもあります。
そういった分野における言語の変換は、場面によってより詳しく、その地域の慣習や環境、また文化に合わせて行なわれなければなりません。
このことがつまり、「物事を現地化するということ=ローカリゼーション」なのです。

このことが必要になってくる場面、また、どのような種類の翻訳がここに当てはまるのか、ということを、ここでは見てみたいと思います。